「モーツァルト」シリーズ

モーツァルト「フォノプロ・リファレンス」

真空管式・ディスク・イコライザアンプ・プリアンプ

モーツァルト「フォノプロフェッショナル」

真空管式・LPイコライザ・アンプ

モーツファルト 「MC」

MCトランス

LPモノラル再生を最適化、RIAA以外のイコライザ・カーブが自由に設定可能のフォノ・イコライザ・アンプ

「モ-ツァルト・フォノ・リファレンス」、「モ-ツァルト・フォノ・プロフェショナル」真空管式フォノ・イコライザー・アンプ、プリ・アンプ

初期(モノラル)LP盤を聴いていてその音に違和感を覚えたことはありませんか.....?

1948年に出現したLPはそのディスク・カッティングにおける定速度と定変位の妥協点としての電気記録特性はLP初期の時代にあっては(後にRIAAに統一されるまでは)レコード会社はそれぞれに独自の規格のもとにイコライジングしプレスしていました。さらにLP時代になってカートリッジの出力レベルが低くなると、この録音特性をフラットにするためのイコライザーアンプをプリアンプの前段にもうけるようになります。RIAAにイコライザーカーブが統一されるまでの初期LPレコードでは各レーベルによってまちまちのイコライザーカーブでプレスされていますから、それぞれレコード・レーベルに応じたイコライザーカーブを用意する必要があるわけです。

このEQアンプシリーズはそうしたLP初期のモノラル盤を如何に忠実に再生するかを主眼に様々なイコライザー・カーブに対応可能です。

LP初期モノラル盤のもつすばらしい音の世界を十分お楽しみ下さい。

モーツァルト MC MCピックアップ用トランス

一般的に初期モノラルLP再生用のMCピックアップカートリッジの出力は ステレオのそれに比べると大変大きく、ステレオ用の昇圧比の大きな
MCトランスを組み合わせると場合によってはプリアンプ、イコライザー・アンプで 入力オーバーとなって音が歪んでしまうことがあります。
そこで本機では昇圧比をハイ・ローに切れ替えることが出来る機能を持たせました。
これにより高出力モノラルMCカートリッジから低出力ステレオMCピックアップ またPassポジションによりMCとMMの切り替え等に対応します。