ESL63
ESL63振動板交換作業中

円高還元 値下げしました!詳細はここをクリック ESL63およびESL63Proの修理・サービス

電源を入れると、ノイズが出る、音が歪む.....振動板の交換が必要です!

ESL63/ESL63Proの修理(振動板の交換等)の承ります。

ドイツQUAD Musikwiedergabe GmbH社にて新品再生した振動板(エレメント)を使用して交換修理します。

振動板は消耗品です。時期がきたら交換することが必要です。

 振動板(エレメント)一枚につき¥50,000(税別)、工賃 一台当たり¥30,000(税別)

  例)振動板1枚の交換の場合 ¥50,000(部品代)+¥30,000(工賃)=¥80,000(税別)

   4枚全部ですと¥50,000 x 4 +¥30,000=¥230,000(税別)となります。

      注)QUAD ESL63/ESL63Pro は片チャンネル4枚の振動版で構成されています。 


QUAD ESL57 修理・オーバーホール 受付中
英国よりドイツにやってきた
ESL振動板製造設備

QUADとESL 1936年にその産声をあげたThe Acoustical manufacturing Company(後のQUAD社)は創始者であるPeter Walker 氏の指導のもとその卓越した先進性を内外に知られるようになるとともに、のちの名声を生む製品を次々と送り出しました。1955年に発売されたQuad−II(Quality Unit Amplfier Domestic)はロンドンのロイヤル・フェスティバル・ホールとニューヨークのカーネギー・ホールでワーフデール社のGilvert Briggs氏との共催の生演奏とレコード演奏のコンサートで絶賛を浴びその名前を確固たるものにしました。その同じ年に発売されたESL55は世界で初めてフルレンジの静電型(Electro Static Loudspeaker)はQuadの技術を世界に知らしめる製品となりました。

このESLは従来のダイナミック型のスピーカーと全く異なる動作原理で音を再生します。ESLの動作原理は向かいあう2つの固定電極の間に振動板電極をおきその電極間に高圧電源を接続し、オーディオ信号を入力することにより互いに異符号の電荷が与えられると物体同士が引きあう力が生じる性質を利用しています。こうした原理そのものは昔からしられておりスピーカーとして理想に近い動作をすることもよく知られていましたが、技術的に困難な問題を解決する必要がありました。その問題点はまず耐圧の点です。電圧で駆動されるESLはその電極間が狭ければ狭いほどより大き音圧(大きな音)をドライブ可能になるのですが、ここで高圧放電がおきやすくなるわけです。古くなったESLはこの絶縁が悪くなってきますので電極間でスパークが起き、薄い振動板に穴をあけてしまします。さらに一度振動板に穴を明けてしまうと今度はたとえ、より低い電圧であってもその小さな穴に向けてスパークが飛ぶようになってしまします。この問題を解決する唯一の方法は振動板(アッセンブリー)の交換しかありません。こうしたスパークが起きているかどうかをチェックする方法をご紹介しましょう。先ずESLを音の出る状態にします。次に部屋の電気を消して暗くします。音楽を再生しながら振動板にスパーク(放電)現象が起きていないかみます。もし放電がおきていますと小さな線香花火にようにみえます。その際ESLの振動板のどの部分でその放電が起きてているかを確かめて下さい。交換する必要のある振動板が特定できます。もう一つ忘れてならないのがダウトカバーです。ダストカバーはESLが持っているほこりを吸い付ける性質から振動板を保護しています。ユーザーが喫煙者の場合はその煙を吸い付けるため、ダストカバーに破れがればをこから煙が直接電極に吸い付けられ最悪の場合は振動板をショートさせることにもなります。破れたダストカバーも交換する必要があります。このようにESLは通常のダイナミック型のスピーカーと異なり、長期間にわたって安定して使うためには部品交換等の手入れが欠かせません。しかしながら英国QUAD社ではこのESLの部品供給をやめてしまいましたので入手をあきらめてしまった方が多いと思います。

今回供給を開始します部品は英国QUAD社で実際に製造に使用されていましたジグを使って、ESL用の部品を作ったものです。従って品質は従来、英国QUAD社で供給していたものと同じです。さらにESL用の部品として以下のものが供給可能となりました。

円高還元 値下げしました!詳細はここをクリック ESL57 エレメント交換

低域エレメント 一枚¥70,000(税別)   高域エレメント 一枚¥60,000(税別)  工賃 一台¥30,000(税別)

例1) 低域エレメント一枚交換 部品¥70,000+工賃¥30,000=¥100,000(税別)

例2) 全エレメント交換 低域エレメント¥70,000x2+高域エレメント¥60,000+工賃¥30,000=¥230,000(税別)

QUAD ESL55部品 (次の部品入手可能です)

*高域ユニット(ダストカバー込)  *低域ユニット(ダストカバー込)  *ダストカバー(低域用)  

*ダストカバー(高域用)  *オーディオトランス  *電源トランス  *整流器

*フロントグリル(黒)  *フロントグリル(白)  *フロントグリル(ボロンズ)  *リアグリル

*足(3本セット)、茶色/黒  *サイドレール(2本セット)、茶色  *サイドレール(2本セット)、

*電源ソケット(IECのみ、旧型はありません)  *電圧セレクター  *パイロット・ランプ  *リアグリル用木ねじ(セット)